タグ:戦争

    キャプチャ


    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/09/21(木) 08:03:33.93 _USER9
    http://www.bbc.com/japanese/video-41315911
    (リンク先に動画あり)

    北朝鮮の核実験や中距離弾道ミサイル発射を受けて、ドナルド・トランプ米大統領が国連総会で必要とあれば「北朝鮮を完全に破壊する」と発言するなど、朝鮮半島情勢は緊張の一途をたどっている。

    では実際に戦争になった場合、米軍と朝鮮人民軍はどう動くのか。

    元在韓米軍の退役陸軍大佐で現在は米ジョージタウン大学に所属するデイビッド・マックスウェル氏と、元国防総省分析官で現在はテキサス州のアンジェロ州立大学で教えるブルース・ベクトル氏に話を聞いた。

    2017/09/20

    WS000004-2


    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/08/13(日) 03:17:49.80 _USER9

     核・ミサイル開発をめぐりアメリカと北朝鮮の間で威嚇の応酬が続くなか、北朝鮮は12日、「アメリカ本土を目標に発射待機状態に入っている」などとアメリカをさらに挑発しました。
     
    北朝鮮の政府機関紙「民主朝鮮」は12日、「我々に手出ししないのが上策だ」と題する論評を発表しました。論評は北朝鮮が先月行ったICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に言及したうえで、「すでに我々の軍はアメリカ本土を目標の中にとらえて発射待機状態に入っており、最後の攻撃命令を待っている」などと警告しました。

     北朝鮮は9日、“グアムの周辺に向けて弾道ミサイルを発射する作戦を検討している”と発表していました。今回の論評では、さらにアメリカ本土への攻撃も示唆するなど、北朝鮮による挑発は緩まる気配を見せていません。

    ソース:TBS
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3129059.htm

    no title

    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/08/14(月) 08:11:20.77 _USER
     ドナルド・トランプ米大統領は11日、米領グアム沖へのミサイル発射検討など、軍事的挑発を続ける北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、「露骨な威嚇を行い、グアムや米国の領土、同盟国に何かすれば、すぐに後悔することになるだろう」といい、巡航ミサイルや空爆による軍事的報復を示唆し強く警告した。滞在中のニュージャージー州で記者団に語った。

     さらに、ツイッターに「北朝鮮が浅はかな行動を取れば、軍事的に対応する準備は完全に整っている」と投稿した真意について聞かれ、トランプ氏は「私たちは(軍事的対応を)慎重に検討している。発言はそのままの意味だ」「(北朝鮮が)私の発言の重みを十分に理解することを望む」と強調した。

     米軍の作戦計画では、Xデー当日、米軍は数百発の巡航ミサイルなどで北朝鮮の軍事施設を徹底的に破壊するとされる。ステルス戦略爆撃機「B-2」から、地下約50メートルまでコンクリートをぶち抜ける爆弾「バンカーバスター」を投下することも検討されているという。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170814/soc1708140003-n1.html

    tramp


    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/08/11(金) 10:51:02.69 _USER9
    【ワシントン時事】トランプ米大統領は10日、北朝鮮が米領グアム島周辺への弾道ミサイル発射を計画していることについて、「グアムに対して何かすれば、誰も見たことのないような事態が北朝鮮で起きることになる」と述べ、報復する考えを表明した。滞在先のニュージャージー州で、記者団に語った。

    北朝鮮が米国を脅すなら「火力と怒りに直面する」と威嚇したトランプ氏の発言に「好戦的すぎる」と批判が出ていることに対しては、「まだ厳しさが足りなかったかもしれない」と主張。「軍も(発言内容を)100%支持している」と強調した。北朝鮮に先制攻撃を仕掛ける可能性に関しては、言及を避けた。

    配信 (2017/08/11-07:35)
    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081100169&g=int 

    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/08/10(木) 10:46:02.43 _USER9
    米NBCテレビは9日、国防総省が北朝鮮に対する先制軍事攻撃の選択肢の一つとして、米空軍のB1戦略爆撃機による北朝鮮の弾道ミサイル発射基地などに対する精密爆撃を実行する準備を整えたと伝えた。トランプ大統領による命令があれば、いつでも実行できる状態にあるとしている。

     複数の軍当局者がNBCに語ったところでは、空爆には米領グアムのアンダーセン空軍基地に配備されているB1爆撃機を使用。戦闘機による護衛と電子戦機や空中給油機の支援の下、北朝鮮国内にある約24カ所のミサイル基地や実験場、関連施設などを攻撃するとしている。

     B1爆撃機は、爆弾や射程千キロ以上の長距離空対地ミサイル(JASSM-ER)などの通常兵器を最大約60トン搭載することができる。グアムには現在、6機のB1が配備されている。

    http://www.sankei.com/world/news/170810/wor1708100018-n1.html