タグ:年金

    nennkin


    1: 名無しのニュースまとめ速報Vさん 2017/08/06(日) 17:35:19.03 _USER9
    いま、年金の受給開始年齢を「75歳」にしようとする計画が進められている。 そのために、政府は国民を65歳以降もできるだけ長く働かせようとしている。

    高齢で介護が必要になったり、日常生活に支障が出るような病気もなく、自立して健康に生活できる年齢を「健康寿命」と呼ぶ。 2015年に米国ワシントン大学が世界188か国を調査したところ、日本人の健康寿命は男性71.1歳、女性75.5歳で世界トップだったと発表したが、それでも男女平均で75歳には達していない。

    政府の「75歳年金受給開始」は、健康寿命が尽きても働けというに等しい。 年金政策に詳しい社会保険労務士の北村庄吾氏が指摘する。

    「厚生年金の保険料は今年18.3%まで引き上げられる。給料が上がらない中、現役世代にこれ以上年金の負担を強いるのは無理です。しかも少子化で働き手、つまり年金の担い手も少なくなっていく。労働力人口が減る中で、政府の『一億総活躍プラン』というのは“一億死ぬまで働け”ということなんです。 誰も死ぬまでは働きたくないから、政府は国民に“65歳を過ぎても、70歳を過ぎてもまだ若い。 75歳まで働かなくてはつまらないでしょう”という意識改革をしている」

    nenkin_techou_blue


    1: 名無しのニュースまとめ速報Vさん 2017/07/19(水) 07:57:25.01 _USER9
     公的年金を受け取り始める年齢を70歳より後にもできる仕組み作りを高齢社会対策大綱に盛り込む検討に入った。内閣府の有識者検討会が大綱の改定案をまとめ、政府が年内に決定する。年金の制度作りを担う会議ではないため、ただちには実現しないが、中長期的な課題として打ち出す。

     年金の受給開始年齢は原則65歳だが、60~70歳の間で選ぶこともできる。70歳から受け取り始めると、受給額は65歳から受給するより42%増える。

     18日の検討会で、座長の清家篤・前慶応義塾長が「もっと先まで繰り下げ支給の幅を広げる可能性もある」と明かした。働ける元気な高齢者を支援する狙い。検討会では、繰り下げできる年齢について「75歳とか、もっと延ばしてもいい」との意見が出た。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00000017-asahi-soci