カテゴリ:国内 > メディア

    mig


    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/10/02(月) 23:16:52.08 _USER9
    日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で先月29日に放送された宮崎駿監督作『天空の城ラピュタ』の連動企画「みんなで選ぶ!好きなシーンランキング」の結果が、番組公式サイトで発表された。

    放送の度にTwitter上で大きな話題となるセリフ「バルス」が登場するシーン「滅びの言葉」はまさかの2位となっている。

     第1位になったシーンは、ロボット兵により火の海となった要塞から、ムスカにとらわれていたシータをパズーが救いだす場面「救出」で、投票数は20万5,184票。2位「滅びの言葉」の17万9,326票と、2万5,000票以上の差をつけた。

     そのほか、雷雲の中でパズーが父の姿を見る「まぼろし」が3位。シータのことを「あたしの若い頃にそっくり」と言うドーラの若い頃の肖像も確認できるシーン「2人はそっくり?」が4位、映画冒頭の印象的なシーン「朝を告げる音色」が5位に入るなど、ユニークなランキングになっている。

     「好きなシーンランキング」では、番組の視聴者が番組特設サイトとデータ放送で作品のみどころを紹介する企画「シーンガイド」から好きなシーンを選び、特設サイトの「大好きボタン」(またはデータ放送で決定ボタン)で投票。前の週に放送された『崖の上のポニョ』でも実施されたが、今回は『ポニョ』の約2.4倍にあたる244万9,209票もの投票が集まった。詳しい結果は番組特設サイトに掲載(10月3日 21時まで)されている。(編集部・入倉功一)

    シネマトゥデイ 映画情報2017年10月2日18時31分
    https://news.infoseek.co.jp/article/cinematoday_N0094938/?ptadid=

    イラスト
    no title

    tsutaya

    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/10/02(月) 08:07:02.65 _USER9
    NHKニュース 10月2日4時37分

    インターネットを通じた動画配信サービスの普及でレンタルビデオ市場の縮小が続く中、利用者の掘り起こしを図ろうと、最大手のTSUTAYAが、DVDソフトの借り放題サービスを新たに導入することになりました。

    新たなサービスを始めるのはレンタルビデオ最大手のTSUTAYAで、全国の店舗の3分の2に当たるおよそ800店舗で始めます。このサービスでは、月ごとに定額の料金を支払えば、レンタル開始から一定の期間がたったいわゆる「旧作」のDVDが借り放題になるというものです。料金は店舗ごとに異なり、月額1000円から1500円で、併せて、この会社が行っている動画配信サービスも利用できるようになるということです。

    人気映画の中にはネット配信されていない作品も多いため、TSUTAYAを展開する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」は、こうした人気作品も含めたDVDの借り放題サービスを新たに導入することで、急速に普及する動画配信サービスに対抗する狙いがあります。

    「アマゾン」や「ネットフリックス」といった海外勢に加えて、大手携帯電話各社なども動画配信サービスに参入し、レンタルビデオ業界は市場の縮小が続いていますが、新たなサービスにより利用者を取り戻すことができるか注目されます。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171002/k10011164401000.html

    no title

    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/10/01(日) 05:07:01.10 _USER9
    2017.10.1

    「シン・ゴジラ」初の地上波放送決定!11・12テレ朝系

     昨年7月に公開されヒットした映画「シン・ゴジラ」がテレビ朝日系で地上波初登場することが9月30日、分かった。11月12日午後9時から放送。

     同局は「GODZILLA」(98年公開)を放送した2005年8月14日以来、12年ぶりにゴジラ映画を放送する。映画は庵野秀明監督(57)が手がけ、女優・石原さとみ(30)ら総勢328人が出演した。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/10/01/0010603653.shtml

    news_header_ippatsuya_016

    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/09/29(金) 09:38:49.88 _USER9
    最近、一部の芸能サイトで『今年で消えると思う一発屋タレント』というアンケートがあった。芸能界には一躍有名になったあとにすぐ消える歌手、タレント、お笑い芸人が多い。「特にお笑い芸人は、大人も子供も真似をして、ギャグやネタがあっという間に広まる反面、一時的な流行として終わってしまうことが多々あります」(テレビ雑誌編集者)

    アンケートの結果は、第1位が『ぺこ&りゅうちぇる』、2位がブルゾンちえみ、3位が横澤夏子だった。

    「1位のぺこ&りゅうちぇるは『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で明石家さんまが懇意にしたことで人気になりました。ふたりは読者モデルをやりながら、同じ原宿のショップで働いてときに知り合い、2016年に結婚しています。基本的にはふたりののろけ話しか話題がありません」(テレビ雑誌編集者)

    ネタ枯れし始めたブルゾンと横澤

    ブルゾンは今年になってから一躍人気になり、8月には『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』(日本テレビ系)でチャリティーマラソンのランナー務めた。

    「ブルゾンは、後輩のお笑いコンビ『ブリリアン』と一緒に『ブルゾンちえみ with B』というトリオでキャリアウーマンに扮するネタでブレイクしました。最近ではコシノ・ジュンコそっくりにしてジュンコの娘役でCMにも出演しています。しかし、キャリアウーマンのネタ以外はぱっとせず、ネタ詰まりすることが目に見えています。24時間テレビのマラソンランナーは過去に杉田かおるやエド・はるみなど、消えたタレントも多いです」(お笑いライター)

    3位の横澤はものまねが得意で、芸能人のものまねだけではなく、一般人をモチーフにした“あるあるネタ”が人気の女性お笑い芸人だ。

    「横澤は職業を30回近く変えた経歴の持ち主で、あるあるネタはそういった経歴を生かしてのものです。しかし、そろそろそのあるあるネタ自体が飽きられてきています。歌のものまねもしますが、強烈な印象がないのがネックです。最近では一般人の男性と結婚したことを話題にしたり、コメンテーターをやったりしていますが、限界が近いのではと言われ始めています」(同・ライター)

    来年も生き残ることはできるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1359725/
    2017.09.29 07:00 まいじつ

    7764d1b6fc08704314e66524f27cf11a


    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/09/28(木) 09:16:31.88 _USER9
    新海誠監督が手がけたアニメーション映画『君の名は。』が実写映画化されることが決定しました! 映画配給会社・米パラマウント・ピクチャーズと『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などを手がけた制作会社・バッド・ロボットが手を組み、実写化へ向けて取り組んでいます。

    ハリウッド版実写映画は、バッド・ロボットのJJエイブラムス氏とリンジー・ウェバー氏がプロデュースを担当。脚本は『メッセージ』で2017年アカデミー賞脚色賞にノミネートされたエリック・ハイセラー氏が手がけます。

    また、アニメ版映画のプロデューサー・川村元気氏もプロデューサーとして制作に参加。東宝は上記2社とともに共同制作し、『君の名は。』ブランドを世界に向けて発信していく予定だと発表しています。

    そんな『君の名は。』にこれまで携わってきた新海誠監督、川村元気プロデューサー、東宝取締役島谷能成社長からコメントが届きましたので、ご紹介します。

    『君の名は。』に携わってきた方々からコメントが到着!
    【原作・脚本・監督・新海誠氏からのコメント】
    『君の名は。』は、日本に暮らす僕たちのローカルな想像力、ドメスティックな技術で組み立てた映画です。

    そういう作品がハリウッドと交わることで、もしかしたら新しい可能性のようなものを見せてもらえるのかもしれない──そんな期待をしながら、完成を楽しみに待っています。

    【プロデューサー・川村元気氏からのコメント】
    これ以上ない、夢のようなチームになりました。JJエイブラムスさんが『君の名は。』をハリウッドで実写化したがっていると聞いたときは信じられない気持ちでした。

    バッド・ロボットで彼と会って話すまで「これは夢だ、きっと夢に違いない」そう思っていたのですが、どうやらこれは現実のようです。数々の名作を現代的なセンスで生まれ変わらせてきたJJエイブラムスさん。『君の名は。』をハリウッドで実写映画として生まれ変わらせるのにあたりJJエイブラムスさんと彼のチーム以上のクリエーターはいないと思います。

    また脚本のエリック・ハイセラーさんが書いた『メッセージ』はここ数年で見たSF映画のなかで最も心を動かされたものでした。SFとラブストーリーが融合してクライマックスへと突き進む『君の名は。』を、エリックさんならば最高なかたちで表現してくれると確信しています。

    JJさん、エリックさんと共に『君の名は。』のハリウッド版実写映画をプロデュースできることを心より誇りに思います。

    【東宝取締役島谷能成社長・島谷能成氏からのコメント】
    日本が誇る『君の名は。』をハリウッド最高のクリエーターの方々と一緒に実写化する機会を楽しみにしています。

    http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1506517956