カテゴリ:国際 > 北朝鮮

    キャプチャ


    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/10/02(月) 04:49:33.92 _USER9
    トランプ氏 「北朝鮮との交渉は時間の無駄」
    毎日新聞2017年10月2日 00時31分(最終更新 10月2日 01時18分)
    https://mainichi.jp/articles/20171002/k00/00m/030/151000c

     トランプ米大統領は1日、北朝鮮側に対話の意思があるか打診していると明かしていたティラーソン国務長官に「(北朝鮮との)交渉は時間の無駄」だと伝えたとツイートした。米国務省のナウアート報道官は9月30日の声明で「北朝鮮側は非核化について関心も対話の用意も示していない」と述べていた。

     トランプ氏は弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」とやゆし「エネルギーを浪費するな、レックス(ティラーソン)。我々はやるべきことをやる」と述べた。

     ティラーソン氏は30日、訪問先の中国・北京で同行記者団に「(北朝鮮に)話し合いたいか、と聞いている。平壌とは複数の外交ルートがある」と発言していた。

     ナウアート報道官も声明で北朝鮮側と複数の交渉チャンネルの存在を認めた。一方、米国が「北朝鮮の体制崩壊や非武装地帯(DMZ)北への兵力展開に関心はないと確約」したが、北朝鮮側は非核化のための対話に関心を示していないと明かした。【岩佐淳士】

    reuters20170830181528-thumb-720xauto


    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/10/01(日) 06:14:28.89 _USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/13686239/

    韓国紙「東亜日報」は9月30日、北朝鮮の首都平壌ピョンヤンにある兵器工場から最近、複数のミサイルが運び出されたと報じた。

     韓国政府関係者の話としている。北朝鮮が、10月10日の「朝鮮労働党創建記念日」を前に、新たな弾道ミサイル発射の準備に入った可能性がある。

     韓国のKBSテレビも9月29日、この兵器工場から最近、ミサイル数発が搬出されたと報じた。情報当局は中距離弾道ミサイル「火星12」か大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の可能性が高いと判断しているという。北朝鮮は8月と9月に計2回、日本上空を通過させて太平洋に「火星12」を落下させた。

    「火星14」を太平洋に向けて発射すれば初めてとなる。

    maxresdefault


    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/09/29(金) 16:18:11.99 _USER9
    アメリカ軍に3隻しかない最新鋭ミサイル追跡艦「ハワード・O・ローレンツェン」が28日(2017年9月)、長崎・佐世保港を出航した。これまで、この艦の出航直後に北朝鮮は弾道ミサイルを発射している。中距離弾道ミサイル「北極星2」「火星12」、ICBM(大陸間弾道ミサイル)「火星14」の発射は、いずれも出航から3日以内だった。

    今回も発射が迫っているのか。

    選挙情勢にも大きく影響

    「ハワード・O・ローレンツェン」は2つの巨大なレーダーを搭載し、敵ミサイルを1000キロ先まで追尾できる能力があるという。軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は「米軍が、北朝鮮が今週末にもミサイルを発射する兆候をつかんだ可能性が高い」と見る。

    吉永みち子(コラムニスト)「発射した場合、トランプ大統領はまた過激なツイートをするでしょうし、国際情勢も動きますよね。その時、日本は『すみません。選挙で忙しいんで』という話になっちゃうんですかね」

    それとも、だから選挙では「対話より圧力優先」の安倍首相支持を・・・ということになるのかな。

    配信2017/9/29 14:57

    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/tv/2017/09/29309856.html 

    kan


    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/09/29(金) 00:04:03.88 _USER9
    [ソウル 28日 ロイター] - 韓国は、北朝鮮が来月10日の朝鮮労働党の創立記念日や来月18日開幕の中国の共産党大会に合わせ、さらなる挑発行為に踏み切る可能性があるとの見方を示した。

    韓国の国家安保室長、鄭義溶氏は28日、文在寅大統領との会合で、北朝鮮が10月10日と18日頃に行動を起こすことが見込まれると述べた。詳細は示さなかった。

    与党「共に民主党」の議員は「(鄭氏の報告は)偶発的に軍事的対立が引き起こされる懸念があるとも指摘している」と明らかにした。「大統領は、米国は軍事的・外交的選択肢に言及しているが、韓国は再び戦争に向かうことはできないと述べた」と語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000046-reut-kr

    ダウンロード


    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/09/27(水) 09:51:05.71 _USER9
    【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は26日、ホワイトハウスでスペインのラホイ首相と会談後に記者会見し、北朝鮮に対する軍事攻撃について、「第2の選択肢だ」とした上で、「準備は万全だが、これを選択すれば北朝鮮は壊滅的打撃を受ける」と警告した。

    米朝の首脳間で非難の応酬が激化していることに関しては、北朝鮮が挑発的な言動を始めたのに対抗しているだけだと述べ、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は「口にすべきではないことを言っている」と非難した。

    さらに、歴代米大統領が北朝鮮への対応で失敗し、「私に大変な難題を残した」とした上で「私がその難題を解決する」と言明した。

    配信2017.9.27 07:54更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/world/news/170927/wor1709270020-n1.html