カテゴリ: 人物


    koizumi-shi

    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/10/01(日) 22:20:57.70 _USER9
    朝日新聞2017年10月1日21時55分
    http://www.asahi.com/articles/ASKB16R02KB1UTFK015.html

    街頭演説する小泉進次郎氏=1日午後4時51分、東京都練馬区、又吉俊充撮影

    ■小泉進次郎・自民党筆頭副幹事長(発言録)

    特集:2017衆院選
    タイムライン:衆院選2017 発言録

    まだまだ複雑で、よくわからないが、あえて単純に今回の選挙の構図を言えば、「責任対無責任」の戦いだ。(小池百合子・東京都知事は)無責任。都知事選、いつやったか。去年だ。(衆院選に立候補すれば)都政を投げ出す無責任。逆に、出なければ出ないで無責任。なぜか。

    せっかく民進党をなくしたのに、出てくれないんですか。出ても無責任、出なくても無責任の、「無責任のジレンマ」に陥った

    キャプチャ


    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/10/02(月) 04:49:33.92 _USER9
    トランプ氏 「北朝鮮との交渉は時間の無駄」
    毎日新聞2017年10月2日 00時31分(最終更新 10月2日 01時18分)
    https://mainichi.jp/articles/20171002/k00/00m/030/151000c

     トランプ米大統領は1日、北朝鮮側に対話の意思があるか打診していると明かしていたティラーソン国務長官に「(北朝鮮との)交渉は時間の無駄」だと伝えたとツイートした。米国務省のナウアート報道官は9月30日の声明で「北朝鮮側は非核化について関心も対話の用意も示していない」と述べていた。

     トランプ氏は弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」とやゆし「エネルギーを浪費するな、レックス(ティラーソン)。我々はやるべきことをやる」と述べた。

     ティラーソン氏は30日、訪問先の中国・北京で同行記者団に「(北朝鮮に)話し合いたいか、と聞いている。平壌とは複数の外交ルートがある」と発言していた。

     ナウアート報道官も声明で北朝鮮側と複数の交渉チャンネルの存在を認めた。一方、米国が「北朝鮮の体制崩壊や非武装地帯(DMZ)北への兵力展開に関心はないと確約」したが、北朝鮮側は非核化のための対話に関心を示していないと明かした。【岩佐淳士】

    no title

    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/10/01(日) 07:18:07.88 _USER9
    ボルシア・ドルトムントのMF香川真司は9月30日に行われたブンデスリーガ第7節アウクスブルク戦で、今季2得点目をマークした。その決勝弾となったゴールをドイツメディアは「ドリームゴール」や「神技」などと絶賛した。

    3試合ぶりの先発出場を果たした香川は1-1で迎えた23分に今季リーグ戦2ゴール目を挙げる。相手DFのポジショニングミスを突いて右サイド深い位置に抜け出したピエール=エメリク・オーバメヤンがアンドリー・ヤルモレンコに折り返すと、そのヤルモレンコがダイレクトで流す。

    ボールを受けた香川は右足で華麗なループシュート。ボールは美しい軌道を描きながらファーサイドネットに吸い込まれ、貴重な勝ち越し点となった。

    『キッカー』はこのゴールを「なんというドリームゴール!」と伝え、『ビルト』は「完全なるワールドクラス」とそれぞれ速報で絶賛。

    前者はプレーを「神技」と表現し、「日本人選手は強引にシュートを打たず、ボールを(相手GK)ヒッツの頭上を超えてファーサイドへと柔らかく流し込んでいる」と伝えた。

    『SZ』も「天才的なループシュート」と表現し、「ヒッツはボールが左上に吸い込まれるのを見守るしかなかった」とGKには止められないシュートだったと記している。

    10/1(日) 6:16配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000042-goal-socc

    news_header_ippatsuya_016

    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/09/29(金) 09:38:49.88 _USER9
    最近、一部の芸能サイトで『今年で消えると思う一発屋タレント』というアンケートがあった。芸能界には一躍有名になったあとにすぐ消える歌手、タレント、お笑い芸人が多い。「特にお笑い芸人は、大人も子供も真似をして、ギャグやネタがあっという間に広まる反面、一時的な流行として終わってしまうことが多々あります」(テレビ雑誌編集者)

    アンケートの結果は、第1位が『ぺこ&りゅうちぇる』、2位がブルゾンちえみ、3位が横澤夏子だった。

    「1位のぺこ&りゅうちぇるは『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で明石家さんまが懇意にしたことで人気になりました。ふたりは読者モデルをやりながら、同じ原宿のショップで働いてときに知り合い、2016年に結婚しています。基本的にはふたりののろけ話しか話題がありません」(テレビ雑誌編集者)

    ネタ枯れし始めたブルゾンと横澤

    ブルゾンは今年になってから一躍人気になり、8月には『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』(日本テレビ系)でチャリティーマラソンのランナー務めた。

    「ブルゾンは、後輩のお笑いコンビ『ブリリアン』と一緒に『ブルゾンちえみ with B』というトリオでキャリアウーマンに扮するネタでブレイクしました。最近ではコシノ・ジュンコそっくりにしてジュンコの娘役でCMにも出演しています。しかし、キャリアウーマンのネタ以外はぱっとせず、ネタ詰まりすることが目に見えています。24時間テレビのマラソンランナーは過去に杉田かおるやエド・はるみなど、消えたタレントも多いです」(お笑いライター)

    3位の横澤はものまねが得意で、芸能人のものまねだけではなく、一般人をモチーフにした“あるあるネタ”が人気の女性お笑い芸人だ。

    「横澤は職業を30回近く変えた経歴の持ち主で、あるあるネタはそういった経歴を生かしてのものです。しかし、そろそろそのあるあるネタ自体が飽きられてきています。歌のものまねもしますが、強烈な印象がないのがネックです。最近では一般人の男性と結婚したことを話題にしたり、コメンテーターをやったりしていますが、限界が近いのではと言われ始めています」(同・ライター)

    来年も生き残ることはできるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1359725/
    2017.09.29 07:00 まいじつ

    mig

    1: 名無しの話題沸騰速報さん 2017/09/29(金) 11:40:46.39 _USER9
    今月初旬に活動休止を表明したアイドルユニット「タッキー&翼」の今井翼(35)が、ジャニーズ事務所の次期社長・藤島ジュリー景子氏(51)と大ゲンカしたという衝撃情報をキャッチした。
    原因はズバリSMAPだ。もともとSMAPを敬愛していた今井は、ジュリー氏の母・メリー喜多川副社長(90)が「週刊文春」のインタビューに答えたことが
    SMAP解散の直接の引き金になったと主張し、2人は言い争いになったという。
    今井はすでに腹をくくっており、退所した元SMAP3人の“新しい地図”に加わる可能性まで出てきている。

    「タッキー&翼」が活動休止のリリースをマスコミ各社に流したのは9月3日。
    そこには15周年を迎えた同月をもって休止に入る旨がつづられていた。

    実質的な解散とみられるが、不可解だったのが理由だ。リリースに記されていた
    「それぞれがスキルアップを目指した個人活動に専念することで成長」するためという目的は、活動を休止しなくても可能なはず。
    本紙既報のように、ジャニーズ事務所幹部の寵愛を受けて表街道を歩く滝沢秀明(35)に今井は不満を抱いていたこともあるが、実はそれだけではなかった。決め手になったのはSMAPだ。

    今井を知る関係者が明かす。

    「もともと要領の良い滝沢のことを今井がおもしろく思っていなかったのは事実。
    それで回ってくる仕事の質が違いますからね。ただ、確執の決め手になったのはSMAP解散です。
    (昨年)『週刊文春』に直撃された滝沢が『あいつら(SMAP)はアホだ』と答えたように、あくまでジャニーズあってのSMAPというのが滝沢のスタンスでした。
    でも今井は、メリー氏がわざわざ『週刊文春』の取材に答えたから解散したんだと主張するのです。それで今井と滝沢は何度もケンカしており、もう修復はできませんね」

    2015年1月発売の同誌に、約5時間にわたるメリー氏のインタビュー記事が掲載された。
    取材の際にメリー氏は、SMAPの育ての親であるマネジメント室長・I女史を呼びつけ、同女史が事務所内に派閥をつくるのなら
    「SMAPを連れていっても今日から出ていってもらう」と叱責。それがSMAP解散への“号砲”となったのは記憶に新しい。

    「実は、I女史はその直後、事務所内のI派のメンバーを集めて『覚悟はできてる? 今から動くわよ!』
    とゴーサインを出したのです。そこからどんどん行動に移していきました」(I女史の知人)

    結果的に木村拓哉(44)、中居正広(45)は事務所に残留し、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人が今月8日をもって退所した。
    全員の退所という当初の予定とは違ったものの、I女史は、クリエーティブ会社「CULEN(カレン)」を設立。
    ネットを中心とした活動をプランニングしていった。そんな混沌とした中、今井だけは一連の解散騒動を看過するわけにはいかなかったという。


    http://news.livedoor.com/article/detail/13679743/
    2017年9月29日 11時0分 東スポWeb